正法事門法華宗

夫婦円満

ある日、寺で夫婦関係についての勉強会をひらいた。
「みなさんの中で夫婦喧嘩をしたことがない人、いる?」
「ハアーイ」
ある四十代の女性が手を上げた。
「うちの主人はやさしいんです」
「どんなふうに?」
「会社に行くときはキスしてくれます」
「結婚して何年?」
「ええっと、十八年ですかね」
「まだ、そんなことやってんの」
「私のことが好きでたまらないようです」
「まっ、人の好みはさまざまだからねえ」
一同爆笑。
別の女性が手を上げた。
「私もしばらく喧嘩していません」
「おっ、その秘訣は?」
「話をしないことです」
ふたたび爆笑。

ラインでコミュニケーションをとっている若者もいた。
「ラインならサクッと送信できて手軽ですよ」
「ケータイじゃ気持ちが通じないでしょ」
「妻はいつもスマホいじくっているんでそっちが早いです。
それにスタンプがあるんで……」
昭和前期生まれの女性たちが横でひそひそ話。
「スタンプってなんのこと?」
「何か集めたらプレゼントをもらえるってことじゃない?」
時代は変わってきた。

離婚を考えている女性もいた。
「いまさら、別れてもねえ」
「どうしたらうまくいくんでしょうか?」
「うーん、互いのカンシャなんだけどな」
「でも、うちの主人はカンシャクばかり……」
「一心同体になれたらいいけどね。
お釈迦様は一体不二とおっしゃっています。
夫婦は輪ゴムのようなものです。
先もなければ終わりもない輪ゴムなんです」
「輪ゴムって何のことですか?」
「良いことも悪いことも互いの心が原因だから、
切り離せないということです」
ふたたび横でひそひそ話をして笑い合う女性。
「なにが、おかしいの?」
「いえ、この人がご主人のことを、
もう弾力性がない輪ゴムって笑うもんですから……」
「まじめな話をしているんだからまじめに聞きなさい」
しかし、たしかに対話がない夫婦は弾力性がない輪ゴム。
「ええっと、そっちの経年劣化の人は」
「うちはお酒さえ呑まなければ、ですね」
「もう、年季が入っているから止めてもダメかもね。
でも、火葬場ではよく燃えるでしょう」

少しまじめに考えてみよう。
夫婦円満であるためには誠実であること。
隠し事はしないこと。
ありがとう、ごめんねの会話。
最初からこれで行こう。
ボタンのかけちがいは死ぬまでつづく。
「おまえがいらつかせるからいけないんだ」
「先に、あんたの言い方がむかついたのよ」
「いや、おまえの言い方が先だ」
「何言ってんの。自分のこと棚に上げて」
「いや、おまえこそ二階に上げてる!」
「ウルサイ!二人とも」
こうして子どもから嫌われる。

おれはまちがっていない。
おまえがわるい。
わたしは正しい。
あんたがおかしい。
とげとげしい対立はちぎれた輪ゴム。
お釈迦様は説いておられる。
「幡蓋を見て車を知り、煙を見て則ち火を知り、
王を見て国土を知り、夫を見てその妻を知るなり」
これは弟子の質問に答えられたこと。
「どうやって車を知るのですか?」
お釈迦様は幡蓋を見よ、と答えられた。
「どうやって火を知るのですか?」
煙を見ればわかる、と教えられた。
「どうして国のことがわかるのですか?」
王を見ればわかる、と教えられた。
「どうして妻のことがわかるのですか?」
夫を見ればわかる、と答えられた。
わざわざ遠回りな言い方だが、
物事の底には一切が繋がりあっているということ。
夫だけが良くて妻だけが悪いということはない。
妻だけが良くて夫だけが悪いということはない。
互いに責任のなすり合いではうまくいかない。
わがままがいけなかった。
「ごめんね。あなたの気持ちがわからなくて」
「いや、おれも言いすぎてごめん」
夫婦に理屈は無用。
互いに一歩引く。
譲り合う。
それがなければ経年劣化の輪ゴム。
時代が変わって今は夫婦個別化。
それで幸せなら言うことはない。
念のために……。
「双翼」という鳥がいるらしい。
身体が一つに、頭が二つ、羽が一対。
したがって話し合いながら飛ぶとか。

みずすまし31号(平成28年12月3日発行)

 

みずすまし31号表紙

**********************************************************************
 「みずすまし」は、お釈迦様が残された教えによって、現代を生きる皆さま
の心に一服の癒しを感じていただけるような読み物をめざしています。
 電車内やちょっとした待ち時間などに気軽にご愛読ください。

 ご購読希望の方は、みずすまし舎までお問い合わせください。

 図書出版 みずすまし舎 福岡092-671-9656
 「みずすまし」年4回発行(3月・6月・9月・12月)定価300円(送料実費)
 

 ☆年間購読のごあんない
 「みずすまし」は年間購読をおすすめしています。お気軽に上記みずすまし舎にお問い合わせください。