正法事門法華宗

心が折れそうになったら

この春、めずらしい蓮華を買い求めて、
龍王堂の前の小池に植えた。
五月になると葉っぱが大きくなり、
六月になると小さなつぼみをつけた。
「今月中には花が見られるね」
「どんな花か楽しみだね」
だが、期待のつぼみはしおれ、
クニャリと茎のところから折れてしまった。
「おまえ、がんばったのになあ」
雨風に倒れたつぼみが痛々しかった。
それでも七月、
横からニョキニョキと新たな花芽が伸びてきた。
「比較的大型で、強い台風が北上しています……」
テレビのニュースが聞こえてきた。
「くそう、またか!」
だが、蓮華は負けなかった。
右に左にあおられても、大風を凌いでいた。
「自転車だって倒れるのにね」
しなやかだから強いのだと思った。

ふとした災難のとき、
愛する人と別れを迎えたとき、
信じていた人から裏切られたとき、
どんなに努力をしても結果が出ないとき、
みんな心が折れそうになることがある。
がんばりたいけどなぎ倒されてしまうこともある。
長い人生、
つらく、重い局面はたびたびやって来る。

となりの芝生は青く見えるという。
他人がうらやましく見えるときはだれにもある。
でも、いい芝生にしようと、
手入れをしている人の姿を君は見たことがあるか?
人間には見えていないことがたくさんある。

「困難に負けるな!」
「努力をしなさい!」
たしかに負けてはならない。
「他人ができるのだからやれないことはない!」
たしかにやり抜けている人もいる。
でも、人ができることでも、
自分ができるとはかぎらない。
他人と同じくらい努力をしても、
同じように報われるとはかぎらない。
グチを言ったり、むかついたり、
神も仏もあるものかと、
やるせない気持ちに沈むこともある。
ただ、考え込んでばかりいても、
心の湿度は高まるばかり。
泣きながら人生を終わるのは損。
人は人、自分は自分。
嗤われたくない――
負けてはいけない――
そんな鉄仮面なんてはずしてみてもいい。
こころの平和は捨身で得られる。
青い芝生の庭はなくても、
しなやかに生きられたら心は楽になる。

つらいことに出会ったら、
自分よりもっと不幸な人の話を聞くのもいい。
自分が恥ずかしくなることもあるけれど、
気持ちが軽くなるならけっこうなことだ。
「旅に出ます。私をさがさないでください」
しばらく姿を隠すのもいい。
思い切りカネを使って、うまいものを食べたり、
あのヤローと、酒をかっくらったり、
ヤッテラレネーと、布団にもぐり込んだり、
今日という日を強制終了してみれば明日になる。
明日は昨日ではないはずだ。

チャップリンは言った。
「人生はクローズアップすれば悲劇、
ロングショットで見れば喜劇」と。
親の離婚が一歳のとき、
アルコール中毒で父を失ったのが十二歳のとき、
うつ病のために母親が入院したので孤児院で育ち、
ガラス職人や床屋など仕事を転々とし、
人生や社会をおもしろく眺めながら、
あの名優にたどりついた。
悲劇の現実が喜劇になることもある。
死ぬまでつづく不幸などありはしない。
沈みっぱなしの人生などあり得ない。
人生の帳尻はきちんと合うようにできている。

心が折れやすい人はまじめすぎるからではないか?
まじめなだけでは身がもたないだろう?
重い荷物は時々下ろしたほうがいいのだ。
寝たきりの夫を抱えた人がいる。
「友だちとヨーロッパに行ってきました」
「旦那は?」
「ショートステイに預けちゃいました」
「なにか言ってた?」
「腹たてていました」
「アハハ、じょうでき、じょうでき」
みんな生身の人間。
障がい、介護、きつーい仕事の連続。
部屋の湿度を調整する除湿機のように、
超気分転換装置を
心の部屋につくれないものか。

ふまじめな人間であっても、
なまけっぱなしにはできない良心がある。
じめじめした湿気をとってから、
一歩を踏み出してみてもいい。
心が折れそうになるときは誰にでもある。
人間という動物は、
前後左右に揺れるうちに、
しなやかな根ができていくのである。

 

みずすまし26号(平成27年9月3日発行)

 

みずすまし26号表紙

**********************************************************************
 「みずすまし」は、お釈迦様が残された教えによって、現代を生きる皆さま
の心に一服の癒しを感じていただけるような読み物をめざしています。
 電車内やちょっとした待ち時間などに気軽にご愛読ください。

 ご購読希望の方は、みずすまし舎までお問い合わせください。

 図書出版 みずすまし舎 福岡092-671-9656
 「みずすまし」年4回発行(3月・6月・9月・12月)定価300円(送料実費)
 

 ☆年間購読のごあんない
 「みずすまし」は年間購読をおすすめしています。お気軽に上記みずすまし舎にお問い合わせください。